デジタル習字教室小学1年〜中学3年

将棋

文字を書くのが苦手な子のための習字教室です。 アシスト都筑の エジソンCLUB では運筆の練習はもちろんのこと、 姿勢や鉛筆の持ち方まできちんと指導を行っています。

しかしより多くの文字学習の時間が必要な子もいます。 より良い文字指導を追究した結果、 ゲーミフィケーションと AI 指導を取り入れた次世代型の習字教室を開設しました。

文字指導の重要性

手先の器用さと認識力

低年齢時は手先の器用さに個人差が大きいことが科学的に明らかになっています。 そのため文字を書く技能が他技能と比較して、大きく遅れてしまう子が一定数います。

手先の器用さの問題だからとないがしろにし過ぎると、 今度は集中力や認識力を低下させてしまい、すべての勉強に影響が出てしまいます。 文字は汚くても良いという認識力不足が、筆算の桁ズレに気付けないなどの重大な問題に繋がります。

この問題をきちんと考慮した教育は、日本のみならず世界的にもまだ行われていないように思います。 アシスト都筑のデジタル習字教室では AI 指導を利用し、この問題を解決します。

集中力

より本質的な文字指導の提供

文字指導の本質的な難しさ

文字指導は多くの人が思っているより簡単なものではありません。 書き順や体重移動、運筆といった細かな積み重ねが文字の綺麗さに繋がります。 しかし考えてみても欲しいのですが、一般的な文字指導で書き順が正しいかどうかをチェックするには、先生が常に監視するしかありません。 個別指導は本当にできているのでしょうか。

文字が汚いからと口うるさく指導するほど、子どもたちはストレスを溜めてしまいがちです。 本当に必要なものは先生の口うるさい指導ではなく、達成すべきレベルまでやりとげるシステムです。 ゲームのように楽しい学習であれば、レベル上げとして楽しむことができるはずです。

ゲーミフィケーションと AI 指導

アシスト都筑のデジタル習字は、ゲームでもあり勉強でもあります。 タブレット上で学習するため、オンライン学習はもちろん対応しています。 ゲーム感覚で、綺麗に書けるまで何度もくり返し学習します。 苦手な子はおそらく何度も × になるでしょう。 しかしゲームなので楽しく学習でき、 何より先生に口うるさく指導される機会はありません。

間違っていることは AI がほとんどの部分を指導してくれますから、 あとは子どもたちが達成レベルまで練習するだけです。 先生は AI では対処できない部分に注力して、より深い個別指導を行います。

達成目標は人それぞれ
達成レベルは自由に変えることができます。 文字を書くことが苦手な子のためのペン字を主体としますが、プロレベルの書道にも取り組むことが可能です。 幅広いニーズに対応します。
aoyagireisyosimo
KouzanGyousho