Scratch教材を充実化! 9/24

プログラミング基礎コース の Scratch 教材を充実化しました。 低学年でも実力のある子が増えてきたこともあり、 簡単めの Scratch の内容を大きく増やしました。 また全体の教材も増えたことを活かし、学び方もスパイラル方式にすることで、幅を持たせました。

漢字の宿題をゲーム化!
Scratch の充実化

Scratch の教材を増やした理由は、 まずはこれまで Scratch のカリキュラムがやや遅めに設定されていたので、 もっと早く学んでもらうためです。 プログラミングも勉強も、目指すべきは自律学習です。 一人でも自由に進めやすい Scratch を早く学んでもらうことで、 自宅でも取り組める内容が増えます。

もう一つの理由は、一定以上のレベルのプログラミングを学ぶ時に、 マニュアルを読み解く力を十分に練習して欲しいからです。 本当のプログラミングを初めて学ぶ時には、マニュアルを読む時間が長くなります。 そしてマニュアルを読む作業は高度な国語力を必要としますが、 そのような実践的な国語力を身に付けている子は少ない問題があります。 そこで簡単めの内容の時から様々な種類とレベルのマニュアルを スパイラル方式で読み解いてもらうことで、練習の機会を大きく増やしました。

スパイラル方式で理解を深めよう

学習も可能な限りスパイラル方式に近付けました。 スパイラル方式の利点は、何度か違う角度から復習することで、理解を深めていける点にあります。 算数で四則演算を学ぶにしても、ただ計算問題を解くだけの勉強と、 文章問題を解く勉強では、まったく価値が異なります。 プログラミングも様々な視点から復習することで、同じ効果が期待できます。

他にも適宜内容を大きく変えることで、バランス良く学べる効果もあります。 低学年の子は特にこの効果が大きいと思っています。 基礎コースは内容の難しい場面もあるので、気分転換をしながら学べるように再設計しました。

最近の投稿